【千葉・東京】コピーライター出身、障がい福祉・補助金申請に強い行政書士

知的資産経営

市場で勝ち残り、持続的経営を行っていくための武器
それが「知的資産経営」

このような思い、悩みをお持ちではありませんか・・・?

〇競合他社との差別化がうまくできない。
〇商品やサービスの付加価値を高めたいが、何をすればいいのかわからない。
〇自社の強みを明確にし、全社員に浸透させたい。
〇自社のことを外部から正しく評価してもらいたい。
〇商品力をアップし、マーケットシェアを高めたい。
〇自社のどの部分に経営資源を集中するのが効果的か知りたい。
〇経営理念、経営方針への社員の理解を深めたい。
〇潜在性や成長性を明確にし、金融機関などへ説明したい。
〇自社の強みや魅力をもっとアピールし、人材確保につなげたい。
〇経営計画・事業計画を立て、補助金を申請したい。

 中小企業・小規模事業者が将来にわたって競争力を維持または発展させ、利益を確保していくためには、自社の真の強みを把握し、それを経営に最大限に活かしていくことが重要だといえます。

 そのための強力な武器となるのが「知的資産」であり「知的資産経営」という手法です。

 知的資産経営は次の4つのステップで構成されています。

「知的資産経営報告書」とは何か

 知的資産経営のベースとなるのが「知的資産経営報告書」です。

「知的資産経営報告書」とは、小規模・中小・ベンチャー企業が有する技術、ノウハウ、人材、外部ネットワーク等の重要な知的資産の認識・評価を行い、それをどのように活用して企業の価値創造につなげていくかを示す報告書です。

 過去から現在における企業の価値創造プロセスだけでなく、 将来の中期的な価値創造プロセスをも明らかにすることで、企業の価値創造の流れをより信頼性をもって説明することができます。

「知的資産経営報告書」の作成と開示

 従来の財務諸表を中心とした評価では、中小・ベンチャー企業の真の姿(強み・価値)を十分に伝えることは難しいと言えます。
 また、経営者自身にとって当たり前と考えていたことも、社員や取引先等が必ずしもそれを知り、理解しているとは限りません。

知的資産経営報告書」は、小規模・中小・ベンチャー企業が有する技術、ノウハウ、人材、外部ネットワークなど重要な知的資産を的確に認識し、相手(ステークホルダー)に伝えるために大変有効なものです。

 企業の存続・発展にとって、ステークホルダー(顧客、金融機関、取引先、従業員等)に会社の優れた部分を知ってもらうことは大変重要であり、 正確な財務諸表に加え、非財務の情報(自社の持つ知的資産の優位性)を伝えることが必要です。

 伝えたい相手に自社の優位性をきちんと伝えるために、「知的資産経営報告書」を作成し、開示することで自社の真の姿(強み・価値)を知ってもらいましょう。


〇参考:経済産業省近畿経済産業局「知的資産経営のすすめ」

(1)知的資産・知的資産経営とは何か

(2)知的資産の分析・ストーリー化

知的資産経営報告書事例

経済産業省近畿経済産業局管内「知的資産経営報告書」作成・開示企業

企業名  主な業種 知的資産経営報告書(PDFファイル) 
(株)トライモガ 格安チケット販売 知的資産経営報告書2018 トライモガ
(株)たかはし リフォーム・新築工事全般 福祉介護 知的資産経営報告書2017 たかはし
(有)巽繊維工業所 靴下等の繊維製品製造業 知的資産経営報告書2018 巽繊維工業所
(株)ヒロヤコンフェクション 洋菓子製造卸・小売 知的資産経営報告書2018 ヒロヤコンフェクション
相生(株) 障害福祉サービス事業 知的資産経営報告書2018 相生
(株)クズハタ装飾 カーテン・床・クロス工事、襖・畳張替工事・リフォーム工事、別注家具製作、出張寝具乾燥・殺菌事業 知的資産経営報告書2017 クズハタ装飾
昭和電機(株) 電気機器製造 知的資産経営報告書2017 昭和電機
永井鉄工(株) 製紙関連機械の設計、製作、組立 知的資産経営報告書2017 永井鉄工
(株)ミタチ 自動省力化機械・電気制御・機器の設計、製作 知的資産経営報告書2017 ミタチ
日成興産(株) 機能性食品・栄養補助食品製造 OEM専門企業 知的資産経営報告書2017 日成興産
株)インテリアホソイ 室内装飾工事、カーテン出張クリーニング、オーダーカーテン製作・販売・工事、リフォーム、その他 知的資産経営報告書2017 インテリアホソイ
レトワール フィラント 洋菓子製造・小売 知的資産経営報告書2017 レトワールフィラント
(株)スナッツフーズ クレープ冷凍成形生地製造販売事業・ポップコーン製造販売事業・イベント出店事業 知的資産経営報告書2017 スナッツフーズ
(株)岡田工務店 新築工事全般、リフォーム工事 知的資産経営報告書2017 岡田工務店

 

【無料】お気軽にお問い合わせください TEL 047-443-4055 営業時間:8時~20時(土・日・祝日を除く)

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.