【千葉・東京】コピーライター出身、障がい福祉・補助金申請に強い行政書士

建設業許可取得のメリット

建設業許可を取得することで次のようなメリットを期待することができます。

受注量の増加

建設業許可を取得することにより受注量の拡大を図ることができます。500万円以上(建築工事一式では1,500万円以上)の工事を請け負うことができるようになるため、元請け業者様からのさらに大きな受注を獲得することができるようになります。また、公共工事の受注も可能となります(公共工事受注には建設業許可の取得に加え、経営事項審査申請及び入札参加資格審査申請が必要)。

信用度の向上

建設業許可を取得すると毎年度の決算報告や情報公開が義務付けられます。これにより法令遵守の姿勢や経営の健全性をアピールすることができ、会社の社会的信用度を一段と高めることができます。これにより金融機関からの融資枠の拡大を期待することもでき、設備の充実を図ることができるでしょう。

従業員の意識向上、会社の発展

建設業許可取得は社内の意識改革にも大きく寄与します。受注量の増加、取引先の拡大、信用度の向上によって、従業員の意欲や責任感がさらに引き出されます。また、従業員の技能の向上、優秀な人材の獲得も期待でき、会社の発展につながっていきます。

【無料】お気軽にお問い合わせください TEL 047-443-4055 営業時間:8時~20時(土・日・祝日を除く)

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.