【千葉・東京】コピーライター出身、障がい福祉・補助金申請に強い行政書士

建設業許可申請業務の流れ

ご相談から許可取得までの流れ

初回のご相談から許可取得までおおよそ以下のような流れとなります。
※建設業許可(千葉県知事・一般)の新規申請の場合
※証明書類等の準備作業の状況によっては、さらにお打合せの回数が増える場合があります。

 (1)
初回ご相談
お電話にてお客様の状況をお伺いします。
以降の打合せは、当方がお客様のご希望の場所(事務所等)に出向いて行いますので、訪問日時を決めさせていただきます。
 (2)
直接面談
お客様の事務所にお伺いし、許可業種、要件の適合状況について聞き取らせていただきます。総合的に検討し許可取得の可能性についてご回答いたします。
 (3)
見積書提示
契約書締結
お客様の状況に応じた費用の見積書を提示いたします。

正式にご依頼を頂く場合は委任契約を締結させていただきます。契約締結後、今後の申請作業の流れ、お客様にご用意いただく書類などをご説明いたします。
 (4)
報酬額と法定費用等のご入金
業務開始
見積もり報酬額、法定申請手数料、公的証明書取得実費をご入金いただきます。請求書を発行いたします。
ご入金を確認した後、業務に着手いたします。

許可申請書類の作成、必要書類の取得を行います。
進行状況は随時ご報告いたします。
 (5)
書類確認・押印
営業所撮影
 出来上がった申請書類の確認をしていただきます。
営業所の写真撮影(外観・室内)を行います。

必要書類に押印をしていただきます。
 (6)
申請書類提出
完成した申請書類一式を管轄の土木事務所に提出いたします。
(審査の状況によって追加書類の提出、補正が発生する場合があります)
(7)
資料返却
申請書作成のためにお預かりしていた書類をご返却します。請求書を発行いたします。残金のご精算をお願いします。
(8)
許可取得
審査終了後、お客様宛に「許可通知書」が送付されてきます。これで業務完了となります。

業務受任から免許取得までに要する日数

新規免許取得(千葉県知事許可・一般)の場合、申請業務を受任してから免許取得まで最低でも60日以上を要します。

 当事務所の作業日数 10~14営業日

※正式なご依頼(業務委任契約の締結)から申請書提出までに要する日数の目安です。ただし、経営経験・実務経験に関する証明書類によってはさらに日数を要する場合があります。

行政機関の審査日数
(千葉県の場合。申請書類受付から許可が下りるまでの標準処理期間)
45日

※目安の日数であり、この期間内に必ず許可が下りるわけではありません。審査の課程で補正や資料追加、調査などが発生した場合はさらに日数を要する場合があります。


【無料】お気軽にお問い合わせください TEL 047-443-4055 営業時間:8時~20時(土・日・祝日を除く)

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.